SDGs に対する当社の取り組み

フジ建設では、企業理念・ビジョン・ミッションに基づき、積極的にSDGs(持続可能な開発目標)の達成に取組んでいます。

 

中期経営方針にて、2022年3月末迄に採用に適した社内外労働環境を創り出し、50名(営業10名・事務4名・現場スタッフ36名)の採用を予定しています。
また、最低賃金をクリアした給与体系や社会保険への加入徹底だけでなく、日給月給であることが多い業界ながら、現場スタッフの月給化を進めています。

 

女性の働きやすさ

女性にとっても働きやすい環境を整えるために、2019年からフレックス制度を導入しました。パート契約からの社員転換するケースもあり、家庭環境の変化に伴って働き方を変えることに積極的です。
ワーク・ライフ・バランスの推進や働きながら育児・介護ができる環境づくりなどの取組を行っており、2019年10月に「あいち女性かがやきカンパニー」を取得しました。

 

同一労働同一賃金

正社員も、パート契約社員も、基本的には同様の仕事内容をしていただいています。パート契約社員も正社員同様に、勤務年数や査定を伴う昇給があり、雇用契約内容による賃金差が出ないように設定しています。

 

エコアクション、環境保全活動

2017年4月に「エコアクション21」、2020年2月に名古屋市の「エコ優良事業所」の認証を受けています。積極的な認定取得とともに、環境保全活動への取り組みを意識して行っています。
委員会活動の一環として、地域の公園の清掃を行っています。その他のボランティア活動への参加もすすめています。

 

健康診断、コロナ対策のマスク支給

年に一度(石綿作業従事者や夜間清掃スタッフは半年に一度)の定期健康診断時には、オプションで個々の気になる項目も受診することができます。
夏場は熱中症予防のために、現場スタッフにはスポーツドリンクや氷などを支給しています。
コロナ禍の際は、社内や現場に消毒液を用意したり、パートさんも含む全社員にマスクを支給しました。マスクは、取引業者や近所の方、市町村にもお配りし、皆様の健康を守る活動もしています。

 

太陽光発電事業

本社屋上に太陽光パネルを設置しています。それ以外にも太陽光発電事業としてメガソーラー施設も保有しています。

 

まちの「きれい」をつくる

企業理念”私たちは全ての人の笑顔のために町の「きれい」を創ります” 地域の人々が安心して生活し笑顔になれる、きれいな生活環境をつくることをミッションの一つとして掲げています。

 

コンプライアンスの徹底と資格取得

反社会的勢力との関りを持ちません。法令順守、各許認可業務においての適正な業務を行っています。

 

資格取得、スキルアップ、勉強会の開催

業務に必要な職能スキルを身につけるため、就業時間内に研修や講習を受けてもらっています。2019年度は延べ10名以上が資格取得報奨金制度にて、奨励金や資格手当を受けました。
また、外部講師を本社に招いたCAD教室やExcel教室の開催や委員会主催の勉強会などの”学ぶ場”の提供をしています。

 

生産性向上による業績アップ、働き甲斐と働きやすい環境の整備

資格取得報奨金制度や社内講習会、勉強会などの”学ぶ場”を設けるとともに、委員会制度にて社員の自主的な活動の場や改善提案制度もあります。
働き甲斐を持ってもらい、働きやすい環境をつくる仕組みがあります。

 

循環型社会、分別・節約

自社の中間処理場では、解体現場や新築現場から出た産廃を仕分けしています。適正な処分やリサイクルができるように、適正な仕分けを行っています。また、本社内でも適正なごみの分別や節約をすることによって環境負荷を減らす努力をしています。

 

SDGsへの取り組みと公表

当社で取り組んでいるSDGs活動を公表することによって、自社活動に責任を持つことと共感によるパートナーシップの強化を期待しています。

PAGE TOP